債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれ

債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてゼロからスタートを切れます。

続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は守ることができます。任意整理では月々の返済額が債権者との話し合いで決定され、また取引時の利率や期間次第では過払い金を取り戻せることがあります。裁判所の判定を仰ぐ自己破産や個人再生などの手続きを行う際は、債務者の代理人として司法書士を指定することはできません。

したがって司法書士は裁判所への申請書類の作成といった仕事が主体となります。裁判所へ行くのも債務者本人ですし、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

自己破産で特に管財案件である場合などは司法書士に依頼してしまうと、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、数百万円の借金を負ってしまいました。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。当時は不況で、新たな職場も見つけられず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

しばらくして就職先が見つかりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的には債務整理を行いました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

債務整理なら種類を問わず、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定により禁止されているため、何も起こらないと思いがちです。ただ、任意整理の場合は手続き中に訴訟に踏み切られるケースもあります。そもそも任意整理というのは裁判所を介さない手続きですが、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。貸金業者の中には任意整理を嫌い、すぐ裁判所に訴え出るような会社もないわけではありません。

当然ですが、どのような債務整理の方法を選んだとしても、その後しばらくは、キャッシングの審査をパスすることが不可能になります。この期間ですが、債務整理の方法で変わります。

けれども、安定した収入が望め、同じ会社に勤め続けているならば、審査基準が甘い一部の消費者金融ならば、キャッシングも可能かもしれません。任意整理、個人再生、自己破産の順で、債務整理後の借入可能な確率が下がっていきます。借金返済が苦しく、もうこれは債務整理をしようかと思い始めた人がまず決めなければならないのは担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

多くの弁護士事務所では初回の相談が無料となっています。この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手か見定められるでしょう。

なお、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも無料で相談に乗ってもらえます。
これから債務整理を開始するという受任通知を出す際、宛先に銀行があると、そこに口座を保有している場合は基本的に凍結されます。つまり、預金があるのであれば少しでも借金の返済に回せるからです。

ただし、行った債務整理の種類が自己破産であれば残高20万円以内の預金は法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、この上限を超えた額だけが借金の返済に回されるわけです。債務整理を一度したことのある人が二度目の債務整理をしようとすると、債務整理を最初に行ったときにとった方法によって手続きに違いが出てきます。個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。一般に債務整理を二回目に行おうとしたときは一回目に比べ許可が下りづらく、特に二回目に行う自己破産は極めてハードだと言っていいでしょう。任意整理をした後に、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。

審査のタイミングでNGが出されます。

ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が消されるまでには5?10年の時間が必要ですから、それより後になれば借り入れが出来ます。
債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?債務整理の方法は様々なので、どの方法を選択したかで手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、絶対に3か月は必要になります。当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年、またはそれ以上かかることもあります。